金曜日, 5月 14
Shadow

人手不足問題はAIで解決

少子高齢化の影響で介護が必要な高齢者は増えているが、それを支える若い人が減少している。介護業界では高齢者支援をする若い介護士が不足していて、それをどのように解決するかが課題だ。

AI活用はそのような問題を改善できる、効果的な方法だと期待されている。というのも、人手不足の介護施設でもAIを活用すれば、少ない職員で多くの高齢者支援ができるようになるからだ。

期待されているAI活用の方法としては、書類作りの自動化がある。施設では毎日介護日記をつけるなどの、作業の負担がかなり大きい。自動で必要な書類を作ってくれるAI技術が使われるようになれば、職員が書類を作らなくてもすむため作業がやりやすくなるだろう。

人手不足の解消にはロボットが効果的で、自動車工場では特別な機器がよく使われている。介護業界でもロボットの活用が重視されているが、高齢者を支援するためには高い判断力が必要だ。AIを搭載したロボットならば施設の高齢者の体調や、精神状態を細かくチェックして適切な対応を行える。実用化されているロボットは多くないが、将来的には介護をロボットがする可能性もあるだろう。

また施設で暮らす高齢者は人によって体調が違うので、介護士はそのような点を日頃からチェックしなければならない。特別なセンサーを使い高齢者の体調の情報を調べられるロボットを使えば、短時間でどのような状態にあるかがわかる。

介護施設に向いているAI活用としては、高齢者の体調に関する情報を処理できるAI搭載のロボットも期待されています。